熱中症で熱が下がらないときに一番にやるべき冷やし方

080587

スポンサーリンク

どうも、こんにちは。

急な熱中症はいち早く冷やすこと

管理人のN・えぬです。

 

夏休みも始まって

夏のレジャーも楽しいですが

屋外にいるときは特に熱中症に気をつけてください。

 

 

海やプールでは

水の中にいるからと水分補給を怠ってしまうと

気づかないうちに脱水症状になってしまうことがあります。

 

 

めまいや立ちくらみがしたら

少しくらい大丈夫と思わずに

すぐに日陰など涼しい所で休んでください

 

 

意識がもうろうとしている

体温が高いのに汗をかいていない

 

このような状態になっていたら

最早、一刻を争うほど深刻な状況です。

 

 

自力では熱が下がらない

非常に危険な熱中症の症状ですので

いち早く冷やして応急処置が必要です。

 

 

それでは

熱中症で熱が下がらないときに一番にやるべき冷やし方

をみていきましょう。

スポンサーリンク

熱中症が危険な理由は体温の急上昇

もし、一緒にいる人が

話しかけても返事がない

異常な発熱なのに汗をかいていない

 

このような状況の場合は

最も深刻な熱中症の症状である“熱射病”になっている危険性があります。

 

 

重度の脱水症状を引き起こし

汗が全く出ないので体温を下げることができず

 

意識障害が出ている場合は

脳にもダメージが生じているかもしれません。

 

 

このような場合には

命のセーフティラインの体温42度に迫っているかもしれません。

 

体温が42度を超えてしまうと

人の体ではたんぱく質が壊れはじめ

一番に影響を受けるのが脳です。

 

 

一度壊れてしまったたんぱく質は

冷やしても戻ることはなく

熱中症が原因で亡くなってしまうのです…

 

 

なので

ただちに体を冷やして

体温を下げる必要があります

 

重症な熱中症の時の冷やし方

先ほどのような重症な熱中症になってしまったら

まず救急車を呼び、到着まで少しでも体温を下げるようにしましょう。

 

 

体温を一気に下げるため

冷やすべき場所がありますので

ぜひ、覚えておいてください。

 

それは

首・脇の下・足の付け根の3か所です。

2015-08-05_152829

 

この3か所には

太い血管が通っていますので

全身をめぐる血液から体温を下げることができます

 

 

緊急時には出来ることなら

氷のうなどで冷やすのがいいのですが

 

氷が身近にないときは

タオルを水で濡らしたものを

先ほどの3か所にあてるようにしてください。

 

 

もし

なにも準備がなかったら

近くに自動販売機などはないでしょうか?

 

冷えた缶の飲み物を代わりに使いましょう。

 

 

さらに

冷却効果を高めるために

脱がせる衣類は脱がして、ベルトなども緩めましょう

 

 

霧吹きがある場合

全身に吹きかけてうちわなどで風を送ってあげるといいです。

 

ただ、

霧吹きを持ち歩いていることは少ないと思いますので

濡らしたタオルを皮膚にかぶせるのでもOKです。

 

 

水分が蒸発するさいに

体温を下げてくれるので冷却効果があります

 

 

もし

少し意識も回復してきて

水分をとれるようなら飲ませてください

 

もし

経口補水塩液があれば、それがベストです。

飲む点滴液と呼ばれるほど熱中症には効果があります。

作り方はこちらにかいてありますのでご参考にしてみてください。

熱中症対策に水分補給だけでは足りない塩分も必要な理由とは?

 

 

なければですね

脱水症状とともに塩分も足りていないはずですので

ただの水やお茶よりはスポーツドリンクなどが良いでしょう。

 

 

ここで1点だけ注意点です。

熱中症の症状がめまいや立ちくらみなど

軽症だった場合は緊急に体温を下げる必要はありません

 

 

日陰で休んで水分を補給して

それでも改善しない場合は病院へいきましょう。

 

 

軽症の状態で

先ほどと同じように氷なので急に冷やしてしまうと

 

 

今度は脳がこれ以上体温を下げる必要はない

勘違いしてしまいますので

 

そのため

逆に体温調節がうまくいかなくなる可能性があります。

 

 

もし

冷やすのであれば

氷などは使わずに濡らしたタオルなどでゆっくり冷やすようにしましょう。

 

 

最後に重症な熱中症になったときの対処法をまとめておきます。

  1. 救急車を呼ぶ
  2. 風通しのいい日陰に運ぶ
  3. 衣服を緩める(脱がせるものは脱がす)
  4. 首、脇の下、足の付け根を冷やす
  5. 体全体に水をかける(もしくは濡れタオルをかける)
  6. うちわなどで風を送ってあげる
  7. 意識が回復したら水分補給させる

 

 

あなたの適切な応急処置が

大切な命を救うことになります。

 

この夏の熱中症対策に

ぜひ、覚えておいてください。

スポンサーリンク

臭いのはもう嫌!カメムシ対策

194877  カメムシはなぜ臭いのか?
嫌な匂いの原因成分が判明!
caac23ac6724d6d215f140b2261d3c86_s どこから部屋に入ってきた!?
不思議なカメムシの侵入経路 
236120  手や服がカメムシで臭い…
匂いを取る効果的な3つの方法
2016-04-19_174600 カメムシに刺された…
跡が残ったときの対処法 
2016-04-14_191201 もう臭い匂いを出させない!
カメムシ退治の仕方3つのコツ 
205085 部屋からシャットアウト!
カメムシを寄せ付けない対策
 
 

正しくO脚を治すためにしてほしいこと

334109  前屈ベタ~では測れない
股関節の柔軟性チェック方法
2015-07-07_204216 自宅で出来るO脚矯正!
座ってストレッチのお手軽方法
 
2015-07-04_202724  使うのちょっと待って!
O脚矯正グッズで悪化する!?
086927  整体だけでは治らない!?
O脚を治すために必要なこと
2015-07-02_220954  今日からやろう!
O脚を矯正する歩き方
2015-06-29_194234 一目でわかるO脚・X脚診断
靴底の減り方を今すぐチェック!
 

高齢者の家族と一緒に暮らしてる方へ

078314  玄関の鍵ガチャガチャは危険
初期症状の認知症3つのサイン
131681 俺は認知症じゃない!
検査を嫌がる父に出来る対策
045573  頑としてエアコンをつけない
高齢者と同居時の熱中症対策
 263073 高齢者に多い手首の骨折
気をつけたい転倒事例
421494  O脚の放置が危険!
高齢者に多い変形性膝関節症

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ