薬剤師が絶対ダメと禁止する3つのよくない目薬のさし方

2015-07-19_231459

スポンサーリンク

どうも、こんにちは。

案外してますよ、良くない目薬のさし方

管理人のN・えぬです。

 

ドライアイの人に多いようですが

とにかく目薬をさしてしまう人

2015-07-19_222502

2015-07-19_222520

 

ハーフモデルのマギーさんも

ドライアイだそうで目薬も大好きとのこと。

 

一日に何回も目薬をさしたくなるというか

我慢できずにさしているそうです。

 

 

目薬を1日に何回もささないと

気分が落ち着かないという人は

立派な“点眼薬依存症”でしょう。

 

薬局などで手軽に買うことのできる目薬ですが

正しい用量、使用方法をしないと

余計に症状が悪化することにもなりかねません。

 

 

頻繁に目薬を使う人が多いわりには

正しく使うことの出来ていない人がいるようなので

 

薬剤師が絶対ダメと禁止する3つのよくない目薬のさし方

ということで注意点をまとめました。

スポンサーリンク

その①:目薬をさしたあと目をパチパチしてる

あなたも経験ありませんか?

目薬をさしたあとに目をパチパチとまばたきすること

 

アンケートによると約4割の人がやってしまっていますが

これは間違いで、よくない目薬のさし方です。

4割の人が間違ってる目薬をさしてまばたきするのがダメな理由

 

それと、目薬をさした後に

口の中が苦いような変な味がしたことありませんか?

変が味がしたことがある人はたぶんまばたきをしている人です。

目薬をさすと喉や口の中が苦くて変な味がする原因と解決方法

 

目をパチパチさせてしまうと

 

せっかくの目薬が効果を発揮する前に流れていってしまい

さしていても効果が非常に薄くなってしまっています

 

その②:目薬の先端が目に接触

なかなか目薬がうまくはいらない

目薬がこぼれてメイク崩れすると嫌だな

なんていうとき

 

 

やってしまいがちなのが

目薬を目に近づけすぎるあまり

目尻やまぶたに目薬の先端が触れること

 

 

目薬の先端に触れてしまうと

そこから目薬内に細菌が逆流してしまい

目薬がダメになってしまいます

 

特に防腐剤フリーの目薬を使っている場合は

ちょっと触れただけでもすぐにダメになります。

 

やばい、触れちゃったと思ったら直ちに捨ててください。

2,3日くらいいいかと思っても危険です。

目薬を使い切れない人が防腐剤フリーの目薬を使うと危険な理由

 

 

メイク崩れが嫌だという人向けに

化粧崩れがしにくい目薬というものが開発されています。

秘密は目薬1滴の大きさにあります。

メイク崩れや化粧落ちが気になる人のための目薬を見つけた

 

その③:目薬のさし過ぎは良くない

一日に何回も何回も目薬さしている人

たまに見かけませんか?

 

目薬をさすのが苦手な私からすると

なんでそんなに何回もさすんだろう?

と不思議に思えて仕方がないのですが

3回はミスする目薬が苦手でうまくさせない私でも出来たさし方

 

 

“点眼薬依存症”ともいえるその人たちは

ドライアイの人が多いようです。

 

目が乾く度に目薬をさす

頻繁に目薬をさしすぎているせいで

ドライアイが悪化していることもあります。

 

 

というのも

本来、涙が持っているはずの保湿成分

目薬が毎回補おうとしてくるので

 

だんだん目にも耐性が出来てきてくるので

涙で保湿する必要はないなと勘違いして

涙の出る量が減ってしまい

 

結果、目が乾きやすいドライアイが深刻化するというわけです。

 

 

もう一つ

目薬をさしすぎることで懸念されるのが

角膜を傷つけてしまう危険性も高まります。

 

特に市販の目薬は防腐剤入りのものがあり

長時間目にとどまり続けると角膜を傷つけやすくなります。

眼科医が警鐘を鳴らす防腐剤入り目薬の危険な悪影響とは

 

なので、あまりに頻繁に目薬をさしすぎるとよくないということになります。

 

そして

一回にさす目薬の量も多い人がいます。

基本的には1滴させば十分です。

 

2滴、3滴とさしたところで

そのほとんどは溢れて出てしまいますし

余分な目薬が喉の方に流れていってしまう原因にもなります。

 

 

目薬のさし方の他にも

保存方法や目薬の種類など

気をつけてほしいことがたくさんあります。

目薬を冷蔵庫で保存すると長持ちする?最適な保存方法とは

【逆効果?】血管収縮剤入りの充血をとる目薬に潜むワナ

複数の目薬を同時使用するときに気をつけたい3つのこと

目薬の開封後使用期限前でも気をつけるべき3つのこと

 

今は大丈夫でも歳をとってから

悪影響が出るということも十分に考えられます。

 

10年後、20年後の

目を守りたいのであれば

普段から気をつけて行動していきましょう。

スポンサーリンク

臭いのはもう嫌!カメムシ対策

194877  カメムシはなぜ臭いのか?
嫌な匂いの原因成分が判明!
caac23ac6724d6d215f140b2261d3c86_s どこから部屋に入ってきた!?
不思議なカメムシの侵入経路 
236120  手や服がカメムシで臭い…
匂いを取る効果的な3つの方法
2016-04-19_174600 カメムシに刺された…
跡が残ったときの対処法 
2016-04-14_191201 もう臭い匂いを出させない!
カメムシ退治の仕方3つのコツ 
205085 部屋からシャットアウト!
カメムシを寄せ付けない対策
 
 

正しくO脚を治すためにしてほしいこと

334109  前屈ベタ~では測れない
股関節の柔軟性チェック方法
2015-07-07_204216 自宅で出来るO脚矯正!
座ってストレッチのお手軽方法
 
2015-07-04_202724  使うのちょっと待って!
O脚矯正グッズで悪化する!?
086927  整体だけでは治らない!?
O脚を治すために必要なこと
2015-07-02_220954  今日からやろう!
O脚を矯正する歩き方
2015-06-29_194234 一目でわかるO脚・X脚診断
靴底の減り方を今すぐチェック!
 

高齢者の家族と一緒に暮らしてる方へ

078314  玄関の鍵ガチャガチャは危険
初期症状の認知症3つのサイン
131681 俺は認知症じゃない!
検査を嫌がる父に出来る対策
045573  頑としてエアコンをつけない
高齢者と同居時の熱中症対策
 263073 高齢者に多い手首の骨折
気をつけたい転倒事例
421494  O脚の放置が危険!
高齢者に多い変形性膝関節症

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ