なぜ?もみじは赤く紅葉してイチョウは黄色く黄葉する理由とは?

2015-08-09_224259

どうも、こんにちは。

もみじは赤、イチョウは黄色その差って?

管理人のN・えぬです。

 

日中はまだまだ暑いですが

夜は涼しい風が吹くようになって

寝苦しいような熱帯夜ではなくなってきたように思います。

 

来週はお盆がやってきますが

お盆が過ぎたら鈴虫の鳴く声なんかも聞こえ始めて

本格的に秋に向かうのかな~なんて思っております!!

 

 

なんと、今年の9月は

6年ぶりのシルバーウィークですね。

19日~23日まで5連休です。

 

 

旅行に行こうと考えている方が多いのではないでしょうか?

USJやTDLなどテーマパークにお出かけもいいですけど

これは絶対的に混みますね…

 

 

そこで

秋の風物詩の代表“紅葉”はどうですか?

一番の見ごろは11月だと思いますが

9月に秋を先取りしちゃうのもありかなと

 

 

ちょっと質問なんですが

紅葉を見ていて疑問に思ったことないですか?

なんで赤くなる葉と黄色くなる葉とあるのか

 

2015-08-09_215105

二つの色が折り合わさって

こんなにも素晴らしい景色として

映るわけではあるんですけど

 

 

もみじは紅葉して赤く

イチョウは黄葉して黄色く

 

なんとなくそうなるものくらいにしか捉えていませんでしたが

今回その理由についてメカニズムに迫ってみました。

 

 

ただのうんちくではありますが

紅葉を見ることにプラスして楽しみを持ってもらえたらいいなと思っております。

スポンサーリンク

赤にしかならない、黄色にしかならない品種がある

紅葉と言うと日本では“”のイメージが強いと思いますが

ヨーロッパやアメリカだと実は“黄色”が主流なんです。

 

 

品種によって大方の色は決まっており

絶対に赤にしかならないものや黄色にしかならないものもあります。

イチョウは黄色い葉っぱしかないですよね。

 

 

実は紅葉の代表とも言えるもみじは

気温や日照環境によって同じ品種でも

赤くなったり黄色くなったりしているんですよ。

 

 

ここに赤く紅葉する葉と黄色く紅葉する葉になる秘密が隠されています。

 

赤い葉と黄色い葉になる基準とは?

まず大前提の話として

紅葉で色づく樹は冬に葉が落ちる“落葉樹です。

 

 

春から夏にかけては

光合成を行うために青々とした緑の葉っぱ

 

 

夏の強い日差しは

光合成をさかんにするので

植物が成長するために必要な栄養をたくさん作りますが

 

 

秋になって日差しが弱くなる

光合成によって作れるエネルギーが少なくなります

 

そうすると

 

光合成で得られるエネルギーよりも

葉っぱを緑に維持する方がエネルギーが多くなり

 

 

そのまま冬を迎えると

エネルギーが足りなくなるので

葉っぱを落として余分なエネルギーをカットしています。

 

樹も冬は省エネをしているんですね。

動物でいう所の冬眠のような感じです。

 

 

ここからが

赤くなる葉と黄色くなる葉に分かれるメカニズムの話になります。

 

 

もともと葉の中には

2種類の色素が存在しています。

 

光合成を行うための緑色の色素(クロロフィル)黄色系の色素(カロチノイド)の二つです。

 

カロチノイドはクロロフィルの補佐の役割で

光合成をする際に光の吸収の効率化に一役買っています。

 

 

この二つの色素では

クロロフィルの方が優位性がある(量が多いくらいの認識でOK)ので

二つの色素があっても緑色が表に出てきます

 

 

ですが

秋になって光合成の必要性がなくなると

クロロフィルが分解されてなくなっていきますので

カロチノイドの色素が表に出てきて黄色になるというわけです。

 

 

じゃあ

全部の葉が黄色になるんじゃないのか”とも思うのですが

なぜかそこで赤色が発生してくることがあるんですね。

 

 

赤に紅葉するメカニズムはというと

光合成で作った糖分が紫外線を浴びることで

アントシアニンという赤色の色素を作り出すためと言われています。

 

 

“言われています”という言い方をしましたが

実は紅葉で赤くなる理由はまだ科学的に解明されていないんですね…

 

 

私がこの説有力なんじゃないかなと思うのが

天敵のアブラムシから身を守るため”です。

 

 

アブラムシは

色を目安に目標を決める特徴があり

特に鮮やかな黄色を好む傾向にあります。

 

つまり

黄葉して黄色になった葉

アブラムシにとって絶好の標的というわけです。

 

 

そこで

アブラムシの苦手とする

赤を生み出すように進化したのではということです。

 

 

さいごに

鮮やかな赤に紅葉する条件について

大阪府教育センターの実験をご紹介したいと思います。

紅葉のメカニズムにせまる

 

 

温度、光、糖濃度が紅葉にどのような影響を与えるか調べた実験です。

実験方法など興味がある方は上記のリンク先から参照してください。

ここでは、実験結果だけ述べていきます。

 

温度について

室温30℃に置いたものと10℃に置いたものとで比べると

 

室温に置いたものはいくら日数が経っても葉が赤くなることはなく

10℃に置いたものは14日で緑色が変化し始め、22日で葉全体が赤くなりました

 

光について

10℃の環境下で光を当てるものと遮光するものとで比べると

 

遮光したものでは紅葉は進まず

途中から遮光を中断し光を当て始めると、8日ほどで色が変化し始めました

 

糖濃度について

10℃の環境下で光を当てて、溶液の糖濃度を変化させて比べると

糖濃度が濃い物ほど鮮やかな赤に紅葉しました

2015-08-09_230250

 

 

このことから

鮮やかな赤に紅葉する条件は

  • 気温が低い(8℃以下がベストと言われている)
  • 日光が良く当たる(光合成で糖→でんぷんが作られる)
  • 糖(でんぷん)が多くあること

 

ということになります。

 

 

まずは気温が第一条件となりますので

早い時期に紅葉が観たいということでしたら

 

北海道や東北など寒い地域や

山に登っていく必要がありそうです。

スポンサーリンク

臭いのはもう嫌!カメムシ対策

194877  カメムシはなぜ臭いのか?
嫌な匂いの原因成分が判明!
caac23ac6724d6d215f140b2261d3c86_s どこから部屋に入ってきた!?
不思議なカメムシの侵入経路 
236120  手や服がカメムシで臭い…
匂いを取る効果的な3つの方法
2016-04-19_174600 カメムシに刺された…
跡が残ったときの対処法 
2016-04-14_191201 もう臭い匂いを出させない!
カメムシ退治の仕方3つのコツ 
205085 部屋からシャットアウト!
カメムシを寄せ付けない対策
 
 

正しくO脚を治すためにしてほしいこと

334109  前屈ベタ~では測れない
股関節の柔軟性チェック方法
2015-07-07_204216 自宅で出来るO脚矯正!
座ってストレッチのお手軽方法
 
2015-07-04_202724  使うのちょっと待って!
O脚矯正グッズで悪化する!?
086927  整体だけでは治らない!?
O脚を治すために必要なこと
2015-07-02_220954  今日からやろう!
O脚を矯正する歩き方
2015-06-29_194234 一目でわかるO脚・X脚診断
靴底の減り方を今すぐチェック!
 

高齢者の家族と一緒に暮らしてる方へ

078314  玄関の鍵ガチャガチャは危険
初期症状の認知症3つのサイン
131681 俺は認知症じゃない!
検査を嫌がる父に出来る対策
045573  頑としてエアコンをつけない
高齢者と同居時の熱中症対策
 263073 高齢者に多い手首の骨折
気をつけたい転倒事例
421494  O脚の放置が危険!
高齢者に多い変形性膝関節症
スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ