男性と女性の3つの違いからわかる冷え性の本当の原因とは?

086155

どうも、こんにちは。

なぜ男性より女性が冷え性になりやすいのか?

管理人のN・えぬです。

 

本日、2015年10月20日

朝晩の冷え込みが厳しくなってきて

いよいよ冬の訪れを感じてまいりました。

 

ちょっと気が早いですが

ヒーターなんかも出してみたりして

冬への準備を着々と進めております。

 

 

私が住んでいるのは新潟なんですが

冬、寒いんですよ…

 

二重窓とか床暖完全設備の北海道と違って

家の中は寒さ厳しいんですね…

 

 

なんで

こう寒さに怯えているかというと

私冷え性なんですよね…

 

 

特に足の冷えがすごくて

いわゆる末端冷え性というやつです。

 

 

 

冷え性の悩みというと

女性に多いイメージですよね。

 

 

実際

冷え性に困っている女性は7割ほど

男性は半分の3割ほどという

アンケート結果が出ています。

 

 

ただ

最近は男性の冷え性も増加中とのこと

私もそうですしね。

 

 

私が冷え性で一番困ること

足が冷えすぎて夜寝れないことですね。

 

2015-10-20_221017

 

やっぱり冷え性の人共通の悩みのようです。

 

 

ですが

今年はなんとか冷え性を改善して

夜ぐっすりと眠りたいわけですよ!!

 

2015-10-20_220941

 

 

ということで

まずは冷え性の原因を追究しようと

男性と女性との違いについて着目してみました。

 

 

男性より女性の方が2倍ほど

冷え性になりやすいということは

なにかしら女性特有の原因があるのでは…?

ということです。

 

 

そこで

男性と女性の違いを見て

冷え性の原因はこれだなと思うものがありました。

スポンサーリンク

男女の3つの違いからわかった冷え性の原因

なぜ男性より女性の方が冷えやすいのか?

 

男女の間でなにが違うのかを見ていきます。

 

 

男性と女性との違いとして

体の構造の違い”が2つと

行動の違い”が1つ

 

合わせて3つの違いから

冷え性の原因を考えました。

 

体の構造の違い①:筋肉量の違い

男性と女性とでは

元々の筋肉量に大きな差があります。

一般的にだいたい30%違うと言われています。

 

 

女性は妊娠や出産のために

そもそも筋肉より脂肪がつきやすいようになっています。

 

さらに

妊娠中は運動が出来なくなりますので

ますます筋肉量の低下を招くことにもなります。

 

 

筋肉は熱を作り出す役割を果たしています。

 

 

つまり

筋肉が少ないということは

作り出せる熱量が少ないということなので

 

体が温まりにくい⇒冷えやすい

これが筋肉量と冷え性の関係性ですね。

 

 

また

女性はダイエットをする人が多く

食事制限など運動を避けるダイエットをしがちです。

 

カロリーの少ない野菜ばかりだったり

とにかく極端に食べる量を減らしたりと

ダイエットによって益々筋肉が低下してしまいます。

 

 

男性の場合は

ダイエット自体あまり進んではしませんが

 

食事制限をめんどくさがって

運動に重きを置いたダイエットに走りやすい傾向にあるように思います。

 

体の構造の違い②:月経がある

女性は月に一度生理があります。

 

そのとき血液が一時的に少なくなり

女性ホルモンのバランスが大きく崩れやすくなるタイミングでもあります。

 

 

女性ホルモンのバランスが崩れる

自律神経が乱れ、血流が滞り血行が悪くなります

 

 

血行が悪くなると

作られた熱が全身に運ばれなくなるので

体が冷える原因となります。

 

 

特に手足の先など末端ほど血液が届きにくくなり

末端冷え性の一番の原因でしょう。

 

 

また

子宮や卵巣などの女性特有の内臓は

血液が滞りやすくなっています。

 

 

これは

お腹の子を冷やさないようにと

妊娠時に退治を守るための構造でしょう。

 

行動の違い:タイトなファッション

タイトな服装も冷え性の原因となります。

 

 

体を締め付けるような窮屈な下着などを着用していると

これまた血液の流れを悪くする原因となります。

 

 

また

寒い季節にもかかわらずファッション重視で

ミニスカートや薄い素材の服装など

薄着のファッションも冷えの原因となります。

 

 

以上

女性特有の体の構造と行動から

男性との違いを見てまいりました。

 

 

冷え性の大きな原因

筋肉量の低下”と“血行不良”だと判断しました。

 

 

特に男性でも冷え性になりやすい人

運動不足による筋肉量の低下”の影響は大きいかもしれません。

 

 

私自身のことを振り返ると

高校から部活をしていませんでしたので

運動という運動は中学生まででした。

 

 

なので

運動不足なのは否めません…

 

 

最近はパソコン作業が多いので

座りっぱなしで血行もかなり悪くなっていそうですし…

 

 

ということで

運動不足の解消をして

筋肉量の低下と血行の悪化を改善すること

 

 

冷え性解消に

この冬の課題として取り組んでいきたいと思います。

スポンサーリンク

臭いのはもう嫌!カメムシ対策

194877  カメムシはなぜ臭いのか?
嫌な匂いの原因成分が判明!
caac23ac6724d6d215f140b2261d3c86_s どこから部屋に入ってきた!?
不思議なカメムシの侵入経路 
236120  手や服がカメムシで臭い…
匂いを取る効果的な3つの方法
2016-04-19_174600 カメムシに刺された…
跡が残ったときの対処法 
2016-04-14_191201 もう臭い匂いを出させない!
カメムシ退治の仕方3つのコツ 
205085 部屋からシャットアウト!
カメムシを寄せ付けない対策
 
 

正しくO脚を治すためにしてほしいこと

334109  前屈ベタ~では測れない
股関節の柔軟性チェック方法
2015-07-07_204216 自宅で出来るO脚矯正!
座ってストレッチのお手軽方法
 
2015-07-04_202724  使うのちょっと待って!
O脚矯正グッズで悪化する!?
086927  整体だけでは治らない!?
O脚を治すために必要なこと
2015-07-02_220954  今日からやろう!
O脚を矯正する歩き方
2015-06-29_194234 一目でわかるO脚・X脚診断
靴底の減り方を今すぐチェック!
 

高齢者の家族と一緒に暮らしてる方へ

078314  玄関の鍵ガチャガチャは危険
初期症状の認知症3つのサイン
131681 俺は認知症じゃない!
検査を嫌がる父に出来る対策
045573  頑としてエアコンをつけない
高齢者と同居時の熱中症対策
 263073 高齢者に多い手首の骨折
気をつけたい転倒事例
421494  O脚の放置が危険!
高齢者に多い変形性膝関節症
スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ